食べる順番ダイエットとは

食べる順番ダイエットとは、食べる順番を理解して血糖値を急上昇させないようにするダイエット法です。血糖値が上がりにくい、生野菜などから食べ始めて次にスープなど、最後に炭水化物を食べるようにするのが簡単なやり方です。

空腹の状態でご飯や麺類、パンなどの主食(炭水化物)を食べると、血糖値は急上昇します。すると、膵臓から血糖値を低く抑えようとするインスリンというホルモンが大量に分泌されます。このインスリンは、血糖を筋肉細胞などに取り込ませてエネルギーに変える役割がありますが、脂肪をため込むという役割もあります。

いきなり炭水化物を摂取して、毎食後に血糖値とインスリンの分泌が高くなる状態が続くと、脂肪細胞が増えたり膨らんだりして肥満になりやすくなります。インスリンを抑えるためには、徐々に血糖値を上げることが望ましいので、そこで食べ順ダイエットが効果的ということになります。順番は、野菜からタンパク質、最後に炭水化物ということになります。

完璧に行うのは難しい場合もありますが、一品料理などでも最初の一口目は野菜を食べるなどという風に決めておくのも良いでしょう。