とうとうagaと診断された

なんとなく髪が薄くなってきたという男性にとって、薄毛の原因が何かということはとても気になると思います。女性に比べて薄毛になりやすい男性ですが、その原因がAGAの可能性が多くなってきています。

AGAというのはAndrogenetic Alopeciaというものの略称で、日本語に直すと男性型脱毛症といいます。テストステロンという男性ホルモンの一つである物質が5-αリダクターゼという酵素によって変異し、ジヒドロテストステロンというホルモンに代わり、このホルモンが抜け毛を増やしてしまうものです。そのため、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化しないように5-αリダクターゼの働きを抑制する効果があるお薬などを処方してもらい抜け毛の原因を根本的に改善するといった治療を行うことが出来ます。

AGAという診断がされればこのような治療を行うことが出来ますが、原因が分からない状態ではAGAの治療をしてもあまり意味がない可能性もあるため、薄毛の原因としてAGAと診断されたと悲観せず、ぜひ原因が分かったから治療ができると考えてみてください。ストレスも抜け毛を増やす原因ですから、どうせなら前向きに生きましょう。