レモン水ダイエットのデメリット

レモン水ダイエットのデメリットは、酸っぱくて飲みづらいところです。酸っぱいのが苦手な人にとっては、続けるのが難しいダイエット法と言えます。また、食前に飲む場合は注意しないといけません。

胃に何も入っていない状態でレモン水を飲むと、刺激が強すぎます。人によっては、胃腸を荒らしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

レモン水ダイエットのデメリットは、胃に負担をかけてしまうところです。レモン水ダイエットをする際、あまり濃度が高すぎると歯が溶けたり、胃に負担がかかります。空腹時は特に胃の中が弱くなっている状態なので、朝一番のレモン水はおすすめできません。

実践する場合は、濃すぎないように作るようにしないといけません。胃が弱い体質の人は、空腹時を避けて飲むべきです。レモン水ダイエットは、やり方を間違えると両刃の剣になります。胃が弱い人は、刺激が強いので食前にレモン水ダイエットをするのは控えましょう。

食前にレモン水を飲むと、空腹防止にはなるのですが、レモンに含まれているリモネンには食欲増進作用があるので逆効果になる場合があります。